仮想通貨ってなんぞ?

はじめに

  こんにちは!

今回は話題の仮想通貨について情報をまとめようと思います。 

f:id:ririn-eva0129:20180214232420p:plain

みなさん仮想通貨に投資してますか? 

投資してるけどコインチェック事件で「資産が返ってくるのか不安」「胡散臭い」「詐欺なんじゃないか」なんて方も中にはいらっしゃるかも知れません。

私もコインチェック事件の被害者の一人です。

最近ネガティブなニュースが多い仮想通貨ですが、「そもそも一体どんなものなんだい?」というところを掘り下げて参りたいと思います。

この記事の構成は以下です。

※仮想通貨とか興味あるけどよくわからない方や知識に自信のない方にオススメです。

仮想通貨とは

仮想通貨というとビットコインだったり投資を連想されると思いますが実は全然違う意味があります。

そもそも仮想通貨とは日本でそう呼ばれているだけで、正確には暗号通貨(Cryptocurrency)といいます。(仮想通貨≒暗号通貨)

暗号通貨とは「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする通貨」です。

要するに円や米ドルとおなじように価値のやり取りをする手段の一つというわけです。

しかし暗号通貨は紙幣や硬貨や電子マネーとは異なります。

お金には大きく2種類あります。通貨と代替通貨です。

通貨とは日本円や米ドルなどの法定通貨のことで法律で価値が保証された通貨です。法定通貨はFIAT通貨とも呼ばれます。

代替通貨とは電子マネーや暗号通貨やTポイントなどのことです。

電子マネーとは紙幣や硬貨を使わないで、電子的に(=データのやりとりで)決済を実現する通貨です。suicananaco楽天Edyなどが代表例です。

ここで重要なポイントが電子マネー法定通貨なのです。 suicaにお金をチャージするときに米ドルやビットコインは使えません。あくまでsuicaは「円」なのです。

対して暗号通貨は特定の国家による価値の保証を持たない通貨です。個人間の同意のもと国境を越えた価値のやり取りができるというわけです。

暗号通貨の特徴は

  • 物理的なカードなどが存在しない
  • 価値が固定されていない
  • 国境がない

といった具合です。

ビットコインとは

ビットコインとは暗号通貨のひとつであり代表例です。

2008年にサトシ・ナカモトが提案したデジタル通貨システムの一つです。(サトシ・ナカモトの正体は不明)

従来のデジタル通貨とは異なり、特定の管理者が存在せず自律的に動作する分散システムになります。

2009年に稼働以来、現在に至るまで無停止で動作し続けています。

ビットコインというと取引所Mt.Gox(マウントゴックス)の事件を連想して「盗まれそう」「信用できない」ものと思われそうですが、むしろビットコインは「取引は全て公開されていて」、「盗むことは非常に困難」な仕組みということです。

つい最近もCoinCheckからNemが流出する事件がありましたが、これらは取引所のセキュリティに問題があって暗号通貨自体には何ら問題がないということです。

主なビットコインの特徴として以下のようなものがあります。

  • 運営会社が存在しない
    ビットコインビットコインの思想に賛同するすべての人によって運営されています。

  • 仕組みが公開されている
    ビットコインソースコードは世界に対して公開されているので、世界中全ての人が監査できます。そのため不正に内容を書き換えることができません。ソースコード

  • 発行量が決まっている
    ビットコインは合計2,100万ビットコインを上限とすることが最初から決まっています。

  • ビットコインのアカウントは自分で勝手に作れる
    銀行のように審査や印鑑や身分証などが必要ありません。固有の鍵(暗号)を作成することでやり取りが可能になります。

  • すべてのやりとりが公開されている
    スタートした2009年から全ての支払い記録(トランザクション)が誰にでも入手できて閲覧することができます。

  • 中央管理者がいない
    ネットワーク参加者全員が管理しています。

  • 小数点が存在する
    ビットコインの最小は0.00000001(=1億分の1)BTC

  • 手続きはすべて公開鍵暗号電子署名される
    アカウント作成時の鍵がやり取りの記録に残されます。鍵が本人確認の代わりを担ってくれるということです。

  • P2P電子マネー
    簡単に説明すると銀行は国や会社のサーバーが一元管理しているのに対して、ビットコインはみんなのスマフォやPCがその代わりを担っているということです。この仕組みのおかげで世界中の参加者がビットコインを運営しているということになります。

ほかにもまだまだありますがビットコインのことをもっと詳しく知りたい方はこちら

ブロックチェーンとは

概要

ブロックチェーンは管理者不在で自律的に動作するビットコインなどの仮想通貨を支える技術の総称です。

取引履歴をブロックという単位ごとに保存して、そのブロックの情報を別のブロックに含めることでを鎖のようにつなぎ合わせて行くことが特徴です。

鎖状に全ての取引がつながっているため改竄や不正がとても難しいです。

ビットコインとはでお話ししたナカモト・サトシがビットコインを支える技術としてブロックチェーンを論文で発表しました。

ブロックチェーンのメリット

  • 三者を通さない
  • 個人取引ができる
  • 国境が関係ない
  • 手数料が安い
  • ハッキングや改ざんがほぼ不可能

ブロックチェーンのデメリット

  • 取引に時間がかかりがち
  • ITリテラシーがある程度必要
  • 学習コストが高い

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンはよく台帳に例えられます。

売り買いの取引履歴を記録しておくものです。

ざっくり説明するとP2Pという仕組みで取引履歴をみんなで管理して、マイニングすることで不正がないようにみんなでチェックしながら運用するといった仕組みになっています。

P2Pとは

インターネットでは、複数のパソコンやスマートフォンが一つのサーバーを通してネットにつながっています。

例えばWEB検索を例に挙げると不特定多数のデバイスからブラウザを管理しているサーバーへアクセスするようになっています。

f:id:ririn-eva0129:20180214230041p:plain

それに対してP2Pとは、パソコン同士を直接繋げたネットワークのことです。ブロックチェーンではこのネットワークが使われています。

f:id:ririn-eva0129:20180214225716p:plain

P2Pでは、一つ一つのパソコンが独立しているため、一つが壊れたり攻撃されてもブロックチェーンはみんなで支えているので壊れないし、壊れたパソコンもすぐにブロックチェーンのデータは修復できるということです。

マイニングとは

ビットコインブロックチェーンは、新しいブロックの生成に誰もが参加でき、相互にシステムの監視や運用を行うようになっています。

新しいブロックを生成すると報酬としてビットコインが貰えます。この行為をマイニングと呼びます。

f:id:ririn-eva0129:20180214231756p:plain

しかしマイニングの報酬は4年毎に半減するシステムになっており、2140年にはビットコインの新規発行は行われなくなり、マイニングの報酬は取引手数料のみになります。

Proof of Workとは

Proof of Work(PoW)とは、マイニングの際に活用されるブロックを誰が追加するかという仕組みで、高度な数学の問題を解かせ、最初に解を出した人がブロックを生成できるという仕組みです。

  1. 簡単に言うと一番早く問題を解いた人が報酬を獲得できます
  2. 一番早く答えを導き出した人がみんなに報告します
  3. その人の答えが本当にあっているのかみんなで確認しあいます
  4. 合っていればその答え(ブロック)をブッロクチェーンに追加して見事報酬獲得!

といった流れです。

アルトコインとは

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。

ビットコインを元にしたものが多く、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

仮想通貨の種類は少なく見積もって1,000種類はあると予想されていて、個人や企業のクローズドなものも含めるとさらに莫大な数になるそうです。

最近コインチェックで話題になったNEMなんかもアルトコインです。

イーサリアムとは

イーサリアムは、ビットコイン同様に注目されている仮想通貨です。

1000種類以上もある仮想通貨の中で第2位の時価総額を誇るのがイーサリアムです。

大きな特徴としてビットコインよりも大きく機能が拡張されており、スマートコントラクトという技術が取り入れられているのが特徴といえます。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、各種の取引にともなって発生する契約を自動的に実行・保存していく機能のことであり、誰にいつどれだけ送金するのかといった契約が保存された内容そのままに履行されていきます。

ビットコインは、ブロックチェーン上でこれまでの取引記録が管理されていますが、イーサリアムは通貨が移動した履歴だけでなく、その移動理由なども同時に記録することができたりするわけです。

スマートコントラクトがあれば契約時に定めた条件に従って決済するため、取り決めたことは相互に遵守するフェアな取引が実現できます。

逆に言えば信頼関係などを築かなくても不正が起こりえないというわけですね。

もう一つの大きな特徴として独自トークンを発行する機能があります。

トークンとは会社やお店が発行しているクーポンのようなものです。

ビットコインは、マイニングの報酬としてそのBTCが提供されますが、イーサリアムの場合にはトークンが報酬になります。

トークンは発行者の商品を購入したり、サービスを利用したりするために使えます。

その発行者が事業を営んでいて、人気のある商品やサービスの提供をおこなうようになれば、トークンの価値も高まっていくわけです。

最近はこれらの仕組みを利用したICOという資金調達が行われるケースが増えていました。

ICOとは

独自の仮想通貨を発行・販売し資金調達する手段です。

先ほど話に出たトークンを投資家に渡して、代わりにお金を出資してもらいます。

この際通常の資金調達とは異なる以下のようなメリットがあります

  • 集めた資金は配当を支払う必要がない
  • 集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない
  • 利子の支払いがない
  • 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
  • ネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達できる
  • 小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
  • 支払いは仮想通貨のため、インターネット上で払い込みが完結
  • 投資サイドは小額からの資金提供ができる
  • 投資家は購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能

ICOの成功事例では募集から30秒で3500万ドル(約40億)調達した例もあります。

しかしこの仕組みは誰でも発行できる点から、悪意あるユーザーが詐欺に用いることも多々あるという難点があります。

ICOに対する法整備が進んでいないことから、詐欺にあっても投資家が「法的に守られない」というわけです。

ブロックチェーンの未来について

ブロックチェーンの未来についての所感を語らせていただきます。

去年からいろいろと仮想通貨やお金について学んでいますが、正直銀行がなくなったり通過が統一されるような未来がくるとはまだ思えません。

しかし、キャッシュレス化という流れは止まらないと思いますしその方が便利です。

都会ではよくコンビニが混んでいたり、改札の切符売り場に行列ができていたりします。

f:id:ririn-eva0129:20180214232653p:plain

小銭を探している時間なんかも影響して行列ができるそうですが、電子マネーや暗号通貨が当たり前に普及する未来がくれば世の中の無駄が減り、もっと効率的に時間をつかうことができるはずです。

まさに時は金なりです。

スマートフォンが最初に出た時やインタネットが普及する前とは全く違う世の中になっています。

テクノロジーの進化と世界の進化は連動していて、その成長は凄まじいものです。

僕が子供の頃はまだカセットテープありました。

2017年から現在にかけてスマフォやインターネットが登場した時と同じ時代の流れを感じています。

実際にAIやVR、AR、仮想通貨などは世界を賑わすトレンドです。

この中で仮想通貨がもっとも身近なお金に関わっていて、誰でも参加しやい点が私が注目している理由です。

個人的には資本主義の形が変わり、お金をたくさん持っている人が勝ち続ける世界が変わると思っていて、具体的にはお金がお金をうむ時代は終焉に向かい、実際に価値あるもの(お金を生み出す人や技術や情報)が中心の世の中に推移していくと予想しています。

いつまでも紙幣や硬貨を使っている日本も、スマフォ決済が主流になったり、電子マネーや仮想通貨が普通にやりとりされる未来もすぐにくると思っています。

そんな理由から来るべき未来に備え今一度お金について学んでおくことが非常に大事だと思いました。

誤ってるとこやきになるとこがあればお気軽にSNSまでご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。